ブラックバイトを避けて働こう

MENU

ブラックバイトを避けて働こう

短期アルバイトでもブラック対策をしよう

ブラックバイトを避けて働こう

よく短期アルバイトを行っている人の中には、面接まではとても良い感触だったのに、いざ働き出したら「ここはブラックだった」と感じたことのある方もおられることでしょう。

 

短期アルバイトなので少しの間我慢すれば終わるかもしれない仕事ではありますが、なるべくなら爽やかに仕事をしたいと思うのが普通ではないでしょうか?

 

ではどうすればブラックバイトを避けることができるのでしょうか?100%避けることは残念ながらできませんが、その確率を下げる対策はあります。まず、求人サイトなどで仕事を調べていて、気になる仕事が出てきたときに、とりあえずその会社をインターネットで調べてみましょう。会社名を入れて検索してみます。

 

会社のホームページは出てくるでしょうか?これがまず最初のチェックポイントです。もししっかりとあるならば比較的安心できる会社と言えます。最近ではFacebookやLINEといったSNSを使っている会社もありますが、そうしたところで会社の情報がちゃんと記載されているならばブラックである可能性は少し下がると言えるでしょう。

 

また、常に求人情報が出ているというのはブラックである可能性が高い傾向にあります。人が集まらない不人気業種なのか、職場環境が悪すぎてアルバイトする人が長続きしないのか、いずれにしてもメリットを上回るデメリットゆえに社員やアルバイトが長続きしていないサインとも受け取れる事なので、この点も覚えておきましょう。

 

また、インターネットの2chの書き込みをチェックするのも良い点です。どんな書き込みがされているでしょうか?デメリットや文句ばかりが書き込まれているならば気を付けたほうが良いでしょう。また、募集人数をよく見ることによってもブラックかどうかわかる場合があります。大規模なイベントなどの求人ではないのに桁外れな人数を募集していないでしょうか?もしそうであれば何かしらの理由で辞めていく人がとても多い職場であるという事を読み取れます。

 

同じ様な求人と比較すればそうしたことを見抜くことができるかもしれません。また、職種のわりに異常に時給や日給が高いというのも危検サインの場合があります。

 

これらを念頭に置いた上で、短期アルバイトへの応募へと踏み切ったとして、面接でもブラックかどうかを見極めることができます。通常の面接時間というのは20分〜30分程かけて行われます。どんな人なのか、どんな適性があるのかをその時間を使って見極めていくのですが、その面接が異常に短い場合、それがブラックのサインである場合があります。

 

このような時もよく考えてその仕事を行うかどうか決め対策しておきましょう。

楽なアルバイトを見る>>