短期アルバイトの闇と対策

MENU

短期アルバイトの闇と対策

短期アルバイトのデメリットとして重労働がある?

短期アルバイトの闇と対策

短期のアルバイトでお金を稼ごうとすると、どうしても体を使う肉体労働系の仕事をイメージしてしまうかもしれません。

 

実際に人気の業種の短期アルバイトのデメリットについて見てみましょう。

 

人気の仕事の一つとしてイベントスタッフのお仕事があります。

 

この仕事の内容は、コンサートやスポーツイベントの場合、機材の運搬や会場の設営・撤収、チケット切り、お客様の案内・誘導・警備などです。所によってはグッズ販売のアシスタントなどもあります。商品の展覧会や発表会の場合だと、商品の宣伝やアンケートの配布・回収などがあります。では、このイベントスタッフのお仕事にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

やはり時間的にも重労働なので体力は必要です。イベントの設置の仕事の場合、かなり重量のあるものを運搬したり、組み立てたりすることがあります。また、現場が屋外か屋内かでも違いがあります。屋外の場合、夏は暑さ、冬は寒さに対応しなければなりません。重労働で身体を痛めたり、過酷な寒さで風邪をひいたりするリスクがあります。またお客様への接客能力も問われることがあります。

 

次に軽作業のデメリットについても見てみましょう。軽と書いてあるのでそれほどつらい作業ではないのだろうと思われがちですが、実際に働くと様々な点が見えてくることがあるようです。軽作業は基本的に男女に関わりなく出来る作業で、比較的体力を使わない仕事で、単純作業という特徴があります。

 

ではどんなデメリットがあるでしょうか?まず長時間の単純作業になればなるほど集中力が維持できなくなるようです。また、重労働ではなくてもずっと同じ姿勢を保持し続けるため、身体の一部に負担がかかり、腰や膝などを痛めてしまう人もいるようです。

 

また、流れ作業の場合、周りの人との関係もあるので、うっかりミスして流れを止めてしまうと非常に気まずい雰囲気になってしまうという事もあるようです。

 

では、深夜のアルバイトにはどんなデメリットがあるのでしょうか?これにはやはり昼夜逆転の辛さがあるようです。起きている時間帯が逆転し始めの時が睡眠障害になったり、明け方に強烈な眠気が襲ってきたりすることがあるようです。また、近所の人にちゃんと働いていないと誤解されてしまったり、友人や家族との予定が合わなくなってしまうという事もあるようです。

 

こうした様々な職業のデメリットに注目してみましたが、仕事を決める前に短期アルバイトの実態や事情を調べてみることにより、自分にやれるかやれないかの見極めがある程度出来るものもあることが分かります。事前の調査をして、短期アルバイトを決めれば後悔無く働くことができるでしょう。

楽なアルバイトを見る>>