短期アルバイトの実態と働きやすさ

MENU

短期アルバイトの実態と働きやすさ

短期アルバイトにはどのようなものがあるか

短期アルバイトの実態と働きやすさ

短期アルバイトは、多少ハードでも、日数が限られていて時給や日給も良いことから、選んでおられる方がいます。

 

どのようなアルバイトがあるのでしょうか。

 

様々な短期アルバイトがありますが、中でも多いとされているものは、イベントスタッフ、引っ越しスタッフ、倉庫や工場内での軽作業、モニターなどです。

 

短期アルバイトをしている年齢層は、20代〜40代の方が多く、イベントスタッフは、学生やフリーターなど若い方が多いですし、軽作業などは、幅広い年齢層の方、女性も多く働いています。イベントスタッフの募集は多く、よく目にします。イベントによって作業内容は違いますが、会場の設営や撤去はかなり重労働になります。

 

イベントの規模は小さいと、スタッフも少ないので、一人当たりの作業量は多く、体力的にもキツい仕事になります。体力に自信がない方は、できるだけ大きな規模で、スタッフの数が多いイベントがおすすめです。イベントスタッフの仕事は、ハードな作業ですが、日給10,000円以上のものが多いので、働いてみる価値はあります。

 

また、引っ越しのスタッフの仕事もかなりの重労働です。プロは慣れていますし、持ち方のコツもわかっていますので、楽に持っているように見えますが、重い荷物を何個も持って運ばなければなりません。あまりにも過酷で、二度としたくないと思う人もいるようです。

 

実際に働いたことがある人の意見を聞いて、このような実態を知っておくのも良いかもしれません。では、次に、働きやすくて人気の短期アルバイトについて説明します。

 

働きやすい短期アルバイトは

働きやすい短期アルバイトとして人気なのは、モニタースタッフです。仕事内容を見ても、仕事の内容が楽で拘束時間も短いものが多いので、主婦や女性の方に人気があります。倉庫や工場内での軽作業も人気があります。食品関係のアルバイトは、流れ作業が多いようです。

 

たとえば、ベルトコンベアで袋詰めされている食品が流れてきて、袋に穴が開いていないかチェックしたり、お弁当におかずを詰める作業だったりと、単調ながらも根気のいる仕事です。このような仕事の場合、向き不向きによって苦手だったり、得意だったりするかもしれません

 

短期アルバイトは、人気があって、すぐに定員オーバーになってしまいます。ですから、働けそうだと思ったら、すぐに応募してみましょう。どのように高額な時給の短期アルバイトを探したら良いでしょうか。求人サイトを利用することがおすすめです。気になる短期のアルバイトをすぐに探すのに適しています。

楽なアルバイトを見る>>